自動車整備士.com

Home 解説目次 自動採点目次 サイト内検索

一級自動車整備士2003年11月【No.13】

圧縮天然ガス(CNG)自動車

問題
 
圧縮天然ガス(CNG)自動車に関する記述として,不適切なものは次のうちどれか。
 
(1) 自動車に用いる天然ガスは,メタンを主成分としたガスであり,空気より軽い。また,他の燃料より燃焼下限界と自然発火の温度が高く,一酸化炭素や鉛などの毒性物質を含んでいない。

(2) 自動車用燃料のCNGは,オクタン価が高くアンチノック性に優れており圧縮比を高くすることが可能となるが,液体燃料に比べ車両搭載効率が低く,燃焼時に水蒸気の発生が多く排気系の防錆対応を強化する必要がある。

(3) CNG自動車の燃料系統は、CNG燃料を充てんしたボンベ,燃料遮断弁,CNGレギュレータ(減圧弁)及びインジェクタ(ミキサ)などから構成されており,また,エンジン本体の基本構成は一般的なガソリン・エンジンと同じである。

(4) 燃料系統の配管(パイプ)及び継ぎ手を外すときは,パイプ内のガス圧力が高圧のため,ガス容器元弁を全閉にし,速やかに行うこと。


解説

配管及び継ぎ手などを取り外す場合は、ガス・ボンベの元弁を完全に閉め、切り替えバルブを開けてエンジンを始動し、配管内の燃料ガスを完全に燃焼させてから行うこと。

また、ガス・ボンベなどの取付後にエンジンを始動する場合は、ガス漏れが無いことを事前に確認してからエンジンを始動すること。


前問にもどる 次問にすすむ 上にもどる  HOME

Amazon.co.jp Yahoo!ショッピング楽天ブックスInfoseek 自動車All About

Copyright(C) 2003-2006 自動車整備士.com. All rights reserved.