自動車整備士.com


一級自動車整備士2004年03月【No16】

電子制御式ATのセンサ

問題

  電子制御式ATのセンサに関する記述として,適切なものは次のうちどれか。
 
(1) ロータとピックアップ・コイルを使った車速センサの出力波形は,矩形波となる。

(2) 磁気抵抗素子(MRE)内蔵のハイブリッドICを使った車速センサの出力波形は,正弦波(サイン・ウェーブ)に似た波形で,回転が高くなると波高値が高くなり,周波数も高くなる。

(3) スロットル・ポジション・センサの出力波形は,スロットル・バルブの角速度に比例した電圧で表示される。

(4) インヒビタ・スイッチの出力波形は,バッテリ電圧のON・0FFに対応する12Vと0Vを表示する。


解説

 『ロータとピックアップ・コイルを使った車速センサの出力波形は,矩形波となる。』

 『ロータとピックアップ・コイルを使った車速センサの出力波形は,
正弦波となる。』

磁気抵抗素子(MRE)内蔵のハイブリッドICを使った車速センサの出力波形は,正弦波(サイン・ウェーブ)に似た波形で,回転が高くなると波高値が高くなり,周波数も高くなる。

『磁気抵抗素子(MRE)内蔵のハイブリッドICを使った車速センサの出力波形は,方形波で,回転が高くなっも波高値は一定であるが,周波数は高くなる。』

『スロットル・ポジション・センサの出力波形は,スロットル・バルブの角速度に比例した電圧で表示される。』

『スロットル・ポジション・センサの出力波形は,スロットル・バルブの開度及び角度に比例した電圧で表示される。』

前問にもどる 次問にすすむ 上にもどる  HOME


Copyright(C) 2003-2007 自動車整備士.com. All rights reserved.