自動車整備士.com

Home 解説目次 自動採点目次 サイト内検索

一級自動車整備士2004年03月【No36】

『エンジン回転信号なし』

問題

  EPS警告灯が点灯し,『エンジン回転信号なし』のダイアグノーシス・コードが表示される継続性の異常で,タコメータは正常に作動している場合の点検において,イグニション・スイッチONで,図に示すV1の電圧がエンジン始動後に変化した。異常箇所として,適切なものは次のうちどれか。


(1) EPS・ECU内部信号線の短絡だけが考えられる。
(2) EPS・ECU内部信号線の断線だけが考えられる。
(3) EPS・ECU内部信号線の短絡,又はEPS・ECUと信号端子の接続不良が考えられる。
(4) EPS・ECU内部信号線の断線,又はEPS・ECUと信号端子の接続不良が考えられる。

解説

『EPS・ECU内部信号線の断線,又はEPS・ECUと信号端子の接続不良が考えられる。』
が正解です。

症状としては、
@EPS警告灯が点灯

A,『エンジン回転信号なし』のダイアグノーシス・コードが表示

B継続性の異常

Cイグニション・スイッチONで,図に示すV1の電圧がエンジン始動後に変化

上のCで電圧が出ていますから、

まったくの短絡というわけにはゆきません。

ですから、短絡か断線、

そして、単独は複数部品かという判断になります。

この条件を踏まえると、(4)が答えとなります。


前問にもどる 次問にすすむ 上にもどる  HOME

Amazon.co.jp Yahoo!ショッピング楽天ブックスInfoseek 自動車All About

Copyright(C) 2003-2007 自動車整備士.com. All rights reserved.