自動車整備士.com

Home 解説目次 自動採点目次 サイト内検索

一級自動車整備士2004年03月【No.45】 

安全管理・職場における防火防災・指定数量

問題
 防火の知識に関する記述として,適切なものは次のうちどれか。
 
(1) 固体の燃焼のうち「自己燃焼」とは,固体の温度が上昇して発火温度に達したとき,空気中の酸素を取り込んで自ら発火して燃焼することをいう。

(2) 消火器に表示されている「適用火災」用のラベルのうち,青色のラベルはガソリンやオイル等油脂類の火災に使用される。

(3) ガソリンを100リットルとエンジン・オイル100リットルを貯蔵する場合は,「少量危険物貯蔵所」として,所轄の消防署に事前に届出する必要がある。

(4) 充電中のバッテリから発生するガスは,不燃性の硫化ガスなので火気を近づけても危険はない。


解説

分解燃焼のうち、空気を必要としないで、その物質中の酸素によって燃焼することを自己燃焼という。

青色ラベルは、電気火災用です。

充電中のバッテリは、水素ガスと酸素ガスが発生します。
火気を絶対に近づけないようにします。

指定数量について表にまとめましょう。
分類 品名 指定数量
第1石油類 ガソリン
ベンジン
(アルコール)
200リットル
(400リットル)
第2石油類 灯油
軽油
1000リットル
第3石油類 重油 2000リットル
エチレングリコール
(不凍液)
ポリグリコールエーテル
(ブレーキ液)
4000リットル
第4石油類 エンジン・オイル
ミッション・オイル
デフ・オイル
塗料類
6000リットル

1.貯蔵、又は取り扱う危険物の数量をそれぞれの指定数量で割って、その数値の和が1.0以上の場合は、下記の手続きをした上で、貯蔵、取り扱いを行う。

@事前に所轄消防署から「危険物貯蔵所、又は取扱所」として許可を受ける。
A危険物取扱者免許の有資格者から危険物の保安監督者を選任する。
B保安監督者の選任届けを所轄消防署に提出し受理してもらう。
2.
数値が、0.2以上1.0未満の場合には、「少量危険物貯蔵、又は取扱所」として、所轄消防署に事前に届出する
3.少量貯蔵、又は取扱所に表示する看板等については、所轄消防署の指導を受ける。
@危険物貯蔵所の構造は、取り扱い数量、周辺の建物によって制限される。


前問にもどる 次問にすすむ 上にもどる  HOME

Amazon.co.jp Yahoo!ショッピング楽天ブックスInfoseek 自動車All About

Copyright(C) 2003-2006 自動車整備士.com. All rights reserved.