自動車整備士.com

Home 解説目次 自動採点目次
一級自動車整備士2005年03月【No.26】 
新技術・無段変速機

問題 
 
スチール・ベルト式無断変速機(CVT)に関する記述として,不適切なものは次のうちどれか。
(1) 油圧制御機構のコントロール・バルブにおいて,プライマリ・バルブが変速制御を行い,セカンダリ・バルブがライン・プレッシャの制御を行う。

(2) プーリとこれに挟まれるスチール・ブロックは,お互いに良く滑った方が引っ張り作用が大きくなるので確実に動力を伝えることができる。

(3) 変速比はプーリの溝幅によって変化するが,セカンダリ・プーリに比べてプライマリ・プーリの溝幅が広いときがロー側で,狭いときがオーバドライブ側である。

(4) リバース・インヒビット制御とは,前進走行中に設定車速以上で誤ってリバースにシフトした場合,駆動力がプライマリ・プーリに伝わらないようにするものである。


解説

柔軟性のあるスチール・バンドに支えられ、ある程度自由に動くことができる

多数のブロックがプーリ斜面に押し付けられるので、それぞれのブロックが

確実に斜面と接触し、効率よく動力の伝達が行われます。

(2)はよく分からない文面ですね。

他は題意の通りです。

前問にもどる 次問にすすむ 上にもどる  HOME

Copyright(C) 2003-2006 自動車整備士.com. All rights reserved.