自動車整備士.com

Home 解説目次 自動採点目次 サイト内検索
一級自動車整備士2005年03月【No.44】 
安全管理・災害防止

問題

  「働く人の安全と健康を確保」するために作られている安全作業のルールに関する記述として,適切なものは次のうちどれか。
 

(1) グラインダ(自由研削用)の「と石」の取り替え及び試運転は,二級自動車整備士の資格を持っている者でなければ行ってはならない。

(2) 電気ドリルで作業をするときは,手を保護するため必ず手袋を着用しなければならない。

(3) バッテリ充電作業時にバッテリ端子から接続コードを取り外すときは,充電器のスイッチをOFFにしてから行わなければならない。

(4) チェーン・ブロックでつり上げる場合のワイヤ・ロープの「玉掛け」は,ワイヤ・ロープに無理な力がかからないように左右のワイヤ・ロープの作る角度を90°にすることが望ましい。


解説

特別教育修了者以外は、と石の取替えと試運転は禁止です。

ドリル系は、手袋は事故のもとです。

ワイヤ・ロープの作る角度は60°以下が望ましいといわれています。


前問にもどる 次問にすすむ 上にもどる  HOME

Copyright(C) 2003-2006 自動車整備士.com. All rights reserved.