自動車整備士.com

Home 解説目次 自動採点目次 サイト内検索

一級自動車整備士2005年11月【No.14】 

測定器に関する記述

問題
 
 測定器に関する記述として,不適切なものは次のうちどれか。
(1) デジタル式サーキット・テスタは,測定のためのアナログ回路,デジタル回路などで構成され,A/D(アナログ/デジタル)コンバータによりサンプリングを行うテスタで,A/Dコンバータの特性範囲で使用すると,精度の高い測定結果が得られる。

(2) 直流電圧計の50Vレンジの確度が「0.03+2」のサーキット・テスタで測定したら30.000Vを表示した。実際の測定値は29.989V〜30.011Vの範囲である。

(3) オシロスコープで測定できる信号のうち,時間的に遅い信号(s:1秒単位で表示されるもの)は,O2センサ信号,バキューム・センサ信号,スロットル・ポジション・センサ信号などである。

(4) 外部診断器で「フリーズ・フレーム・データ表示」を選択すれば,異常を検出したときの車両の状態も読み取ることができる。この「フリーズ・フレーム・データ」は,ダイアグノーシス・コードを消去しても,消去されない。


解説

 外部診断器でコード消去を行うと、ダイアグノーシス・コードとフリーズ・フレーム・データが消去されます。

ちなみに学習値はリセットされません。

前問にもどる 次問にすすむ 上にもどる  HOME

Amazon.co.jp Yahoo!ショッピング楽天ブックスInfoseek 自動車All About

Copyright(C) 2003-2006 自動車整備士.com. All rights reserved.