Menu

自動車整備士.com

サイト内検索 help
複数条件の場合はキーワードの間にスペースを入れてください。
例 2G 2019

Advertisement


コモン・レール式高圧燃料噴射システム

コモン・レール式高圧燃料噴射システムに関する記述として,適切なものは次のうちどれか。

高圧燃料をフューエル・フィルタに蓄えることで,常に安定した噴射圧力を確保できるためエンジン性能が向上する。

燃料の微粒化により着火性が良くなるため噴射タイミングを遅角させることができ,着火遅れや燃焼期間が長くなることにより燃焼温度が低くなるため,NOxの発生を低減できる。

メイン噴射の前に補助的なパイロット噴射を行うことにより,メインの燃焼が緩やかに開始するため,エンジンの振動及び騒音を低減できる。

高圧燃料系の接続部を締め付ける場合は,燃料漏れを防止するため,基準値を超えた値で行うべきである。







解説

選択肢(3)が適切です。

(1)『高圧燃料をフューエル・フィルタに蓄えることで,常に安定した噴射圧力を確保できるためエンジン性能が向上する。』

間違いです。

正しくは以下の通りです。

『高圧燃料をコモン・レールに蓄えることで,常に安定した噴射圧力を確保できるためエンジン性能が向上する。』

(2)『燃料の微粒化により着火性が良くなるため噴射タイミングを遅角させることができ,着火遅れや燃焼期間が長くなることにより燃焼温度が低くなるため,NOxの発生を低減できる。』

この選択肢は、不適です。

正しくは以下の通りです。

『燃料の微粒化により着火性が良くなるため噴射タイミングを遅角させることができ,着火遅れや燃焼期間が短くなることにより燃焼温度が低くなるため,NOxの発生を低減できる。』

(3)出題文の通り

この選択肢が、適切です。

(4)『高圧燃料系の接続部を締め付ける場合は,燃料漏れを防止するため,基準値を超えた値で行うべきである。』

この選択肢は、不適切です。

正しくは以下の通りです。

『高圧燃料系の締め付けトルクは、必ず、修理書に記載してある基準値を守ること。
基準値以上でも、以下でも燃料漏れを起こす恐れがある。


Ads by AdMax





おすすめ記事と広告







Today  Yesterday Total