自動車整備士.com
Home 解説目次 自動採点目次 サイト内検索

一級自動車整備士2006年12月【No.25】

SRSエア・バッグ・システム

問題

 SRSエア・バッグ・システムの点検に関する記述として,不適切なものは次のうちどれか。

(1) エア・バッグ・システムの電気回路点検は,誤作動を防止するために,最小レンジの通電電流値が10mA以下のデジタル式サーキット・テスタを用いる。

(2) エア・バッグの脱着・点検などの作業を行う場合は,エア・バッグの正面で行わないで,側面で行う。

(3) エア・バッグ・システムのワイヤ・ハーネスに損傷が生じた場合は,ハンダ付けなどの修理を行わず新品と交換する。

(4) エア・バッグ・システムの部品を取り外す場合,誤作動を防止するために,イグニション・スイッチをOFFにし,バッテリ端子を外してから1分以上経過後実施する。


解説

(1)問題文の通りです。

(2)問題文の通りです。

(3)問題文の通りです。

(4)不適切です。

エア・バッグ・システムの整備作業を行う場合は、イグニション・スイッチをOFFにし、バッテリ端子を外してから3分以上の経過後実施すること(故障診断での特別な指示を除く)。

イグニション・スイッチをOFFにした後、3分以内はSRS・ECU及び側面衝突センサは作動しているので、衝撃が加わると、エア・バッグなどが展開する可能性があるためです。


関連問題

2006年03月【No.28】

2005年11月【No.30】

2004年11月【No.28】


前問にもどる 次問にすすむ 上にもどる  HOME

Amazon.co.jp Yahoo!ショッピング楽天ブックスInfoseek 自動車All About

Copyright(C) 2003-2007 自動車整備士.com. All rights reserved.