Menu

自動車整備士.com

サイト内検索 help

Advertisement

ソレノイド・コイルが作動しない

図に示す回路において,ソレノイド・コイル作動条件時にソレノイド・コイルが作動しない場合の点検結果に関する記述として,不適切なものは次のうちどれか。ただし,リレーは常開(ノーマルオープン)で,駆動回路内の電圧降下,リレー接点の異常及び重複故障はないものとする。

V3に電圧の発生がなく,V1及びV2に電圧が発生していれば,ECUに異常の可能性がある。

3に電圧が発生し,V1及びV2に電圧の発生がなければ,リレー・コイルに断線の可能性がある。

V3に電圧が発生し,V4に電圧の発生がなければ,ソレノイド・コイルに断線の可能性がある。

V2及びV3に電圧の発生かなく,V1に電圧が発生していれば,リレー・コイルのアース線(V1~V2)に断線の可能性がある。




Advertisement




解説

これも正解率が悪い問題です。

条件を明確にしましょう。

症状:ソレノイド・コイル作動条件時にソレノイド・コイルが作動しない

(1)V3に電圧の発生がなく,V1及びV2に電圧が発生していれば,ECUに異常の可能性がある。

正解です。


(2)V3に電圧が発生し,V1及びV2に電圧の発生がなければ,リレー・コイルに断線の可能性がある。

正解です。

(3)V3に電圧が発生し,V4に電圧の発生がなければ,ソレノイド・コイルに断線の可能性がある。

ソレノイド・コイルの断線であれば、V3、V4に電圧ありです。

原因究明は、二つの電圧だけではできません。

したがって選択肢(3)が不適切です。


(4)V2及びV3に電圧の発生かなく,V1に電圧が発生していれば,リレー・コイルのアース線(V1~V2)に断線の可能性がある。


アース線が浮いていると思われます。

正解です。

一級自動車整備士2007年03月【No.23】





Advertisement


Advertisement






【自動車整備士.com 関連コンテンツ(一部広告含む)】



Advertisement




Copyright (C) Since 2003 自動車整備士.com All Rights Reserved.

自動車整備士.com



Today  Yesterday Total