Menu

自動車整備士.com

サイト内検索 help

Advertisement


音圧の合計値(1級)

図を参考に60dBの音源を3個にした場合の音圧の合計値として、適切なものは次のうちどれか。なお、音源は、騒音計から正対させ等距離に並べて置くものとする。
音圧の合計値

64.2dB
64.6dB
64.8dB
65.2dB




Advertisement




解説

選択肢(3)が適切です。

最初に60dBの音源二つの合計圧を計算します。

二つの音の音圧レベル差は0dBですから、
補正値は3dBがグラフから得られます。

60dB+3dB=63dBとなります。

次にこの値と残りひとつの音源の合計圧を求めます。

二つの音の音圧レベル差が

63dB ― 60dB =3dB

ですから、補正値はグラフから1.8dBが得られます。

最終的には、

63dB+1.8dB=64.8dB

となり、

(3)が正解です。


参考事項

1リットルの1/10は1デシリットルです。


このときのデシ(deci) は1/10を表す補助単位(SI接頭語)です。


デシベルの”ベル”は電話を発明したグラハム・ベルの名を

取って付けられました。


ちなみにデカ(deca) は10倍です。

デシベル (decibel, dB) とは、ある基準電力

すなわち単位時間当たりの仕事量に対する比の常用対数の値を10倍した単位です。


最初に、ベルの一例を示します。

例えば100をベルで表すと、

log10100= log10102=2×log1010=2×1=2

となります。

これをある基準値(ここでは1にしましょう)に対して

100倍の増幅器を考えます。

log10 100
1
=2ベル

ちなみに、

2倍の場合はlog102=0.3

3倍の場合はlog103=0.477

5倍の場合はlog105=0.7

10倍の場合はlog1010=1となります。

100倍をベルで表しますと2ですが、

100倍が2で表されるとは、チョッと迫力がありませんので、実用上の理由で10倍します。

10・log10 100
1
=20デシベル

エネルギーが100倍の状態のものを20デシベルとすれば、

取り扱いやすいと考えました。

元の値を求める時に、

上式の両辺を1/10(デシ)倍しなければならいベルなので、

デシベルと名づけたと当Webサイト管理人は考えています。

log10 100
1
)= 1
10
ベル
デシ

厳密には、定義式のベルを1/10にしたものが

デシベルですよという意味になります。

最初に述べた、1リットルを1/10にしたものが

1デシリットルですよという形と同じです。


さて、60dBの元の値(真数)をとして求めますと、

60デシベル=10・log10
1
60/10=log10
1
6=log10
106


=1,000,000となります。

音源が2つの場合、106+106=2×106

デシベル計算すると、

10log10 2×106
1
)=10log102+10log10106

     =10×0.3+60

     =63dB

となります。


Advertisement


Advertisement






【自動車整備士.com 関連コンテンツ(一部広告含む)】



Advertisement




Copyright (C) Since 2003 自動車整備士.com All Rights Reserved.

自動車整備士.com



Today  Yesterday Total