Menu

自動車整備士.com

サイト内検索 help

Advertisement


トーイン(toe-in)

トーインに関する記述として、不適切なものは次のうちどれか。

独立懸架式自動車のトーインを測定するときは、自動車をジャッキ・アップしてフロント・ホールが路面から離れた状態で行う。

トーインは、自動車を上から見たとき、フロント・ホイールの左右輪の前側の距離の方が、後側より小さいことをいう。

フロント・ホイール・アライメントのトーインは、プラス・キャンバにより生ずるフロント・ホイールの横滑りを打ち消す働きをする。

タイロッドがフロント・アクスルより後ろ側にある車両では、タイロッドに曲がりが生じると、トーインの度合いは小さくなる。




Advertisement




解説

(1)独立懸架式自動車のトーインを測定するときは、自動車をジャッキ・アップしてフロント・ホールが路面から離れた状態で行う。

選択肢(1)が不適切です。

トーイン測定時にジャッキ・アップはしません。


(2)トーインは、自動車を上から見たとき、フロント・ホイールの左右輪の前側の距離の方が、後側より小さいことをいう。

この選択肢は、適切です。

自動車を上から見たときのホイールの前側と後側の距離を比べ、前側が後側より小さい場合をトーインといい、前側が後側より大きい場合をトーアウトといいます。


(3)フロント・ホイール・アライメントのトーインは、プラス・キャンバにより生ずるフロント・ホイールの横滑りを打ち消す働きをする。

この選択肢も適切です。

プラス・キャンバの自動車の場合、ホイールの前側が外側に広がろうとします。

トーインは、これを防ぐ目的で採用されています。


(4)タイロッドがフロント・アクスルより後ろ側にある車両では、タイロッドに曲がりが生じると、トーインの度合いは小さくなる。

この選択肢も適切です。

タイロッドがフロント・アクスルより後側にある場合は、タイロッドに曲がりが生じると、ホイールは前開きになります。

この結果、トーはアウト側に変化します。

ホイール・アライメント

キャンバ・キャスタ・キングピン・ゲージ


Advertisement


Advertisement






【自動車整備士.com 関連コンテンツ(一部広告含む)】



Advertisement




Copyright (C) Since 2003 自動車整備士.com All Rights Reserved.

自動車整備士.com



Today  Yesterday Total