Menu

自動車整備士.com

サイト内検索 help

Advertisement

クランキング時間が長い(故障診断)

新車新規登録後1年程度経過した車両で、「最近、クランキング時間が長く、エンジンがスムーズに始動しなくなった。」という自動車について点検したところ、表の結果が得られた。この結果から、推定できるこの自動車の不具合原因とし、適切なものは次のうちどれか。

 なお、ダイアグノーシス・コードは異常コードを示しておらず、通常走行時の運転性に問題はない。

点検箇所 点検結果
水温センサ信号電圧 正常
点火時期 規定値
エンジン圧縮圧力 全気筒規定値内
スタータ・モータ クランキング・スピード:正常
ECUの電源電圧 クランキング時の電圧:正常


02センサの故障

フューエル・ポンプのチェック・バルブの密閉性不良

吸気温センサの故障

エンジンECUの故障




Advertisement




解説

難しい問題だと思います。

始動時だけが問題だという点では。

(1)02センサの故障

この選択肢は不適切です。

始動時は02センサは温まっていないということでエンジンECUは、参照しません。

通常走行は問題ないということで02センサの故障は考えにくい。

(2)フューエル・ポンプのチェック・バルブの密閉性不良

この選択肢が適切です。

始動問題は、燃料系統が重要に関わっていることがあります。

燃料系統の中でもフューエル・ポンプ系統の不良にも注意しなければなりません。

チェック・バルブの密閉性不良で燃圧を高く維持できないので、始動直後の空燃比が目標設定値よりリーンになり始動性が悪くなると推測されます。

燃料系統の故障症状としては、出力不足・高速不調なども現れたりします。

(3)吸気温センサの故障

この選択肢は不適切です。

始動時噴射において、吸気温度は補正の役割ですから主たる要因とは考えにくい。

吸気温センサの故障した場合は、断線または短絡として自己診断で検出されると思われます。

(4)エンジンECUの故障

この選択肢は不適切です。

エンジンECUの故障では、始動できない、あるいは予備マイコンが作動するものと思われます。

用語と問題解説へもどる

一級自動車整備士2003年11月【No.31】




Advertisement


Advertisement






【自動車整備士.com 関連コンテンツ(一部広告含む)】



Advertisement




Copyright (C) Since 2003 自動車整備士.com All Rights Reserved.

自動車整備士.com



Today  Yesterday Total