Menu

自動車整備士.com

サイト内検索 help
複数条件の場合はキーワードの間にスペースを入れてください。
例 2G 2019

Advertisement


ヘッドライトの回り込み故障

図のヘッドライト回路において、②番ヒューズが断線した状態でライティングSWをヘッドライトON、ディマスイッチをHIにした場合の左右ヘッドライト(HI,LOバルブ)の点灯状況に関する記述として、適切なものは次のうちどれか。

左ヘッドライト
LOバルブ
左ヘッドライト
HIバルブ
右ヘッドライト
LOバルブ
右ヘッドライト
HIバルブ

消灯 消灯 消灯 点灯

ぼんやり点灯 ぼんやり点灯 ぼんやり点灯 点灯

点灯 点灯  点灯 ぼんやり点灯

ぼんやり点灯 ぼんやり点灯 消灯 ぼんやり点灯







解説

いわゆる『回り込み』問題です。

コンビネーション・ランプやヘッドライトは、並列接続されることがよくあります。

しかし、断線・短絡で思いもよらない回路が形成され、

点灯したりするものです。

現場に即した、良質な問題といえます。

ヒューズが断線したことによって、バッテリからの電流はヒューズを流れ、本来点灯するはずのない右ヘッドライトLoバルブ(55W)(ぼんやり点灯)を通過した電流は、左ヘッドライトLoバルブ(55W)さらに左ヘッドライトHiバルブ(60W)を流れ、最後にライティングスイッチのHI接点を通過しアースに達します。

12V電源で3個のバルブ直列接続に電流を流しますから電圧が分圧されて、十分な電圧が掛かりませんのライトはぼんやり点灯します。

選択肢(2)が適切ということになります。

用語と問題解説へもどる

一級自動車整備士2005年11月【No.34】




Ads by AdMax





おすすめ記事と広告







Today  Yesterday Total