Menu

自動車整備士.com

サイト内検索 help

Advertisement

バッテリの内部抵抗

スタータの負荷特性テストを行ったところ220Aの電流が流れた。

バッテリの起電力を12V、内部抵抗を0.01Ωとしたときのスタータの端子電圧として、適切なものは次のうちどれか。ただし、配線などの抵抗はないものとして計算しなさい。

9.3V
9.8V
11.5V
11.9V




Advertisement




解説

選択肢(2)が適切です。

まずは、回路図を書いてみましょう。

バッテリの内部抵抗

一般的に0.01Ωの抵抗値は、問題にならないのですが、 スタータ・モータ作動時では問題になります。


なんせ強烈な電流ですから、わずかな抵抗でも電圧降下で本来のバッテリ電圧がドロップ(電圧降下)してしまいます。


古くなってきますと内部抵抗が劣化により大きくなっていきます。


そのときスタータにかかる電圧が下がってしまいます。

オームの法則で、 内部抵抗による電圧降下は


0.01Ω×220A=2.2V


これが、本来のバッテリ電圧12Vからドロップさせてしまいますので、実質の電圧は、


12V-2.2V=9.8V


となります。




Advertisement


Advertisement






【自動車整備士.com 関連コンテンツ(一部広告含む)】



Advertisement




Copyright (C) Since 2003 自動車整備士.com All Rights Reserved.

自動車整備士.com



Today  Yesterday Total