Menu

自動車整備士.com

サイト内検索 help

Ads by Google


インテグラル型パワー・ステアリング

インテグラル型パワー・ステアリング(ロータリ・バルブ式)に関する記述として、適切なものは次のうちどれか。

ハンドルの操舵力は、ウォーム・シャフトからトーション・バーを介してスタブ・シャフトへ伝達される。

直進時,スリーブとスプール・バルブの油路が閉じているため、パワー・シリンダの両室に作用する油圧は生じない。

旋回時,ウォーム・シャフトのねじれ角に応じてスリーブが回転し、油路の切り替えを行う。

操舵時に油圧が発生しないときは、スタブ・シャフトがウォーム・シャフトのストッパ部に当たり、直接ウォーム・シャフトを回転させる。




Ads by Google



解説

選択肢(4)が適切です。


(1)『ハンドルの操舵力は,ウォーム・シャフトからトーション・バーを介してスタブ・シャフトへ伝達される。』

この選択肢は、不適切です。

正しくは以下の通りです。

ハンドルの操舵力は、スタブ・シャフトおよびトーション・バーを介してウォーム・シャフトへ伝達される。



(2)『直進時,スリーブとスプール・バルブの油路が閉じているため,パワー・シリンダの両室に作用する油圧は生じない。』

この選択肢も不適切です。

正しくは以下の通りです。

直進時、スリーブとスプール・バルブ間の隙間は等しい状態にあるため、パワー・シリンダの両室に作用する油圧は等しく、パワー・ピストンは動かない。



(3)『旋回時,ウォーム・シャフトのねじれ角に応じてスリーブが回転し、油路の切り替えを行う。』

この選択肢も不適切です。

正しくは以下の通りです。

旋回時、トーション・バーのねじれ角に応じてスプール・バルブが回転し、油路の切り替えを行う。



(4)故障時、トーション・バーがねじられ、ストッパによりスタブ・シャフトがウォーム・シャフトにあたり、直接ウォーム・シャフトを回転させ、パワー・ピストンを介してセクタ・シャフトが回転する。

これが選択肢が適切です。

故障時の作動です。




インテグラル型パワー・ステ




Ads by Google

Advertisements






【自動車整備士.com 関連コンテンツ(一部広告含む)】



Advertisements




Copyright (C) Since 2003 自動車整備士.com All Rights Reserved.

自動車整備士.com



Today  Yesterday Total