Menu

自動車整備士.com

サイト内検索 help

Ads by Google


油圧式ブレーキの油圧回路

図に示す油圧式ブレーキの油圧回路において、マスタ・シリンダの内径Aが25mm、ホイール・シリンダの内径Bが40mmの場合、ブレーキ・ペダルを矢印に50Nの力(F1)で押したとき、ホイール・シリンダのピストンにかかる力(F2)として、適切なものは次のうちどれか。

256N
320N
512N
768N




Ads by Google



解説

この問題の出題により、時代の流れが変わるサインかもしれません。

今までの問題では、なかった形の出題の方法だからです。

すなわち以前の2問が一つになった格好で出題されたことが、出題傾向が変わったいえます。

油圧式ブレーキの力

パスカルの原理

この二つの問題のコンビネーションとして、初めて出題されました。

今までには、なかったことです。

今までの、計算問題をしっかり習得しておけば問題なくとけますが、いざ本試験となると緊張して能力が低下し、ミスしてしまうかもしれません。

普段からすらすら解けるようにしておくことが肝心かもしれません。

さて、解答の方針として、
①てこの原理でマスタ・シリンダのピストンに掛かる力を求める

②求めた力を利用してパスカルの原理でホイール・シリンダのピストンに掛かる力を求める。


てこの原理でマスタ・シリンダのピストンに掛かる力を求める。

=32×50N

=32/8×50N

   =4×50N

   =200N

パスカルの原理により

F2=(40/25)2×200N

      =(1.6)2×200N

     =512N

今後もこのような、複合問題が出るかもしれません。

さらに、2G 登録試験 2016年10月 問題05 バルタイ問題も若干ひとひねりしてあります。

過去問題に出尽くした感があるので、組み合わせの格好で出題される傾向にあるといえます。


Ads by Google

Advertisements






【自動車整備士.com 関連コンテンツ(一部広告含む)】



Advertisements




Copyright (C) Since 2003 自動車整備士.com All Rights Reserved.

自動車整備士.com



Today  Yesterday Total