Menu

自動車整備士.com


Ads by Google
サイト内検索 help

キャンバ(camber)

キャンバに関する記述として、不適切なものは次のうちどれか。

プラス・キャンバ車において、キャンバの大き過ぎはタイヤのトレッドの外側が摩耗する原因となる。

車軸懸架式フロント・サスペンションは、キャンバの調整ができる。

車軸懸架式の自動車のフロント・ホイールにプラス・キャンバを設けるのは、荷重のためにフロント・ホイールが下開きになるのを防ぐためである。

左右のフロント・ホイールのキャンバ角に差があると、直進時にキャンバ角の大きい方にハンドルが取られるようになる。



Ads by Google




解説

選択肢(2)が不適切です。

(1)一般に、プラス・キャンバが大き過ぎると、トレッドの外側が内側に比べて多く摩耗します。


(2)車軸懸架式では、キャンバの調整はできません。

(3)車軸懸架式のトラックは、軸荷重が積載荷重により大きくなるため、あらかじめプラス・キャンバ(上開き状態)にすることで、重荷重でもタイヤが下開きにならないようにしています。



(4)左右のキャンバが等しいときは、ホイールは互いに外側に進もうとしますが相殺されます。

左右のキャンバに差があると、キャンバの大きい方がより外側に回ろうとするため、自動車はキャンバの大きいほうに進みます。





Ads by Google

【自動車整備士.com 関連コンテンツ(一部広告含む)】



Advertisements




Copyright (C) Since 2003 自動車整備士.com All Rights Reserved.

自動車整備士.com



Today  Yesterday Total