Menu

自動車整備士.com

サイト内検索 help

Ads by Google


キングピン傾斜角(king-pin angle)

キングピン傾角に関する記述として、不適切なものは次のうちどれか。

フロント・ホイールを横方向から見ると、キング・ピンは鉛直線に対して前後どちらかに傾いているが、キング・ピンの頂部が進行方向に傾斜しているのをプラス・キャスタという。

フロント・ホイールのキング・ピン傾角は、ハンドルに復元力を与えて直進性をよくしている。

車軸懸架式フロント・アクスルのキング・ピンにがたがあると、キャンバ及びキャスタが狂う原因になる。

キング・ピンを傾けることにより、キング・ピン・オフセットを小さくし、制動時の車両安定性を確保している。




Ads by Google



解説

選択肢(1)が不適切です。

(1)横から見てキング・ピンは後ろ側に傾斜しているのが一般的であり、こればプラス・キャスタとなります。


(2)~(4) キング・ピン傾角の働きは、制動時の車両安定性と復元力の確保です。


 

キング・ピン軸中心線の路面交点とタイヤ接地中心点の距離をキング・ピン・オフセットいい、このオフセットが大きいほど制動時のキング・ピン回りのトルクが大きくなります。


最近の乗用車では、オフセットがゼロのものが多いです。


スピンドルがキング・ピン軸を中心に回転すると、路面に対してホイールがボデーを持ち上げる形となります。


ハンドルを離すと、自動車自身の荷重によって、直進状態に戻る力が与えられます。

キング・ピンが前後に振れると、キャスタが変化し、左右に振れると、キャンバが変化します。



キング・ピン傾角

キャンバ・キャスタ・キングピン・ゲージ

キャンバ

キャスタ





Ads by Google

Advertisements






【自動車整備士.com 関連コンテンツ(一部広告含む)】



Advertisements




Copyright (C) Since 2003 自動車整備士.com All Rights Reserved.

自動車整備士.com



Today  Yesterday Total