Menu

自動車整備士.com

サイト内検索 help

Advertisement

プレロード

図に示すステアリング・ギヤ機構に関する記述として、適切なものは次のうちどれか。

ウォーム・シャフトのプレロードの調整は、フロント・カバーのシムの厚さを変えて行うが、プレロードが小さ過ぎるときは、このシムを(イ)する。

 ボール・ナットとセクタとのバックラッシュの調整は、ステアリング・ホイールを 直進状態にして(ロ)をその軸方向に動かして行う。

 ウォーム・シャフトのねじ山が右ねじなので、ステアリング・ホールを(ハ)に回すと、ボール・ナットは図の左側に動く。

ステアリング・ギヤ機構

(イ) (ロ) (ハ)
厚く ボール・ナット
厚く セクタ
薄く セクタ
薄く ボール・ナット




Advertisement




解説

選択肢(3)が適切です。

ウォーム・シャフトのプレロードの調整は、フロント・カバーのシムの厚さを変えて行うが、プレロードが小さ過ぎるときは、このシムを(イ:薄く)する。

ボール・ナットとセクタとのバックラッシュの調整は、ステアリング・ホイールを 直進状態にして(
ロ:セクタ)をその軸方向に動かして行う。

ウォーム・シャフトのねじ山が右ねじなので、ステアリング・ホールを(
ハ:左)に回すと、ボール・ナットは図の左側に動く。

プレロードとは、機械部品にあらかじめ負荷を与えておく予荷重のことです。


ギヤとのかみ合いすき間を減少させておけば、新たに負荷が加わったとき、ギヤの損傷を防ぐことができます。


 

ウォーム・シャフトのプレロード調整は、アジャスト・スクリュを用いる方法と、アジャスト・シムを用いる方法の二つがあります。


 

アジャスト・シムを用いる方法では、フロント・カバーのアジャスト・シムの厚さを変えて、プレロードを調整します。

シムを厚くすると、ウォーム・シャフトを挟み込む力が弱くなるため、プレロードが小さくなり、逆にシムを薄くすると、ウォーム・シャフトを挟み込む力が強くなるため、プレロードが大きくなります。


セクタ・ギヤの歯は、傾斜しているので、セクタ・シャフトアジャスト・スクリュにより軸方向に動かすことによって、ボール・ナットとセンタ・ギヤとのバックラッシュが調整できるようになっています。


【プレロード・アジャスト】


プーラ

ステアリング・ギヤ機構 基本問題


Advertisement


Advertisement






【自動車整備士.com 関連コンテンツ(一部広告含む)】



Advertisement




Copyright (C) Since 2003 自動車整備士.com All Rights Reserved.

自動車整備士.com



Today  Yesterday Total