Menu

自動車整備士.com

サイト内検索 help

Ads by Google


2G 登録試験 2010年10月 問題36

「道路運送車両法施行規則」に照らし、次の文章の(イ)から(ロ)に当てはまるものとして、下 の組み合わせのうち、適切なものはどれか。

自動車の分解整備に従事する従業員(整備主任者を含む。)の人数が(イ)の自動車分解整備事業の認証を受けた 事業場には、一級、二級又は三級の自動車整備士の技能検定に合格した者が(ロ)以上いること。

(イ) (ロ)

5人

1人

9人 3人
17人 4人
21人 5人




Ads by Google



解説

自動車整備士とは、一級、二級および三級の自動車整備士技能検定に合格した人をいいます。

単純に従業員の4人にひとり自動車整備士がいればいいわけです。
従業員人数を4で割ればいいですね。
従業員数が4の倍数だと計算しやすいですが、そうじゃないときの問題です。

5人/4=1。
余り1で合計2人。

9人/4=2。
余り1で合計3人。

これが正解。

17人/4=4。
余り1で合計5人。

21人/4=5。
余り1で合計6人。

道路運送車両法施行規則

認証基準

第57条

法第81条第1項第一号の事業場の設備及び従業員の基準は、次のとおりとする。

1.事業場は、常時分解整備をしようとする自動車を収容することができる十分な場所を有し、且つ、別表第四に掲げる規模の屋内作業場及び車両置場を有するものであること。

2.屋内作業場のうち、車両整備作業場及び点検作業場の天井の高さは、対象とする自動車について分解整備又は点検を実施するのに十分であること。

3.屋内作業場の床面は、平滑に舗装されていること。

4.事業場は、別表第五に掲げる作業機械等を備えたものであり、かつ、当該作業機械等のうち国土交通大臣の定めるものは、国土交通大臣が定める技術上の基準に適合するものであること。

5.事業場には、2人以上の分解整備に従事する従業員を有すること。

6.事業場において分解整備に従事する従業員のうち、少なくとも一人の自動車整備士技能検定規則 の規定による一級又は二級の自動車整備士の技能検定(当該事業場が原動機を対象とする分解整備を行う場合にあつては、二級自動車シャシ整備士の技能検定を除く。第六十二条の二の二第一項第五号において同じ。)に合格した者を有し、かつ、1級、2級又は3級の自動車整備士の技能検定に合格した者の数が、従業 員の数を4で除して得た数(その数に1未満の端数があるときは、これを1とする。)以上であること

2G 登録試験 2004年07月 問題40

前の問題  次の問題



Ads by Google

Advertisements






【自動車整備士.com 関連コンテンツ(一部広告含む)】



Advertisements




Copyright (C) Since 2003 自動車整備士.com All Rights Reserved.

自動車整備士.com



Today  Yesterday Total