Menu

自動車整備士.com

サイト内検索 help
複数条件の場合はキーワードの間にスペースを入れてください。
例 2G 2019

Advertisement


2G 登録試験 2011年03月 問題06

吸排気装置における過給機及びインタ・クーラに関する記述として、適切なものは次のうちどれか。

インタ・クーラは、圧縮された空気を冷却して温度を下げ、空気密度を下げることで過給機本来の充てん効率の向上維持を補完する装置である。

ターボ・チャージャに用いられているフル・フローティング・ベアリングは、シャフトの周速と同じ速度で回転する。

ターボ・チャージャは、過給圧が高くなって規定値以上になると、ウエスト・ゲート・バルブが閉じて、排気ガスの一部がタービン・ホイールをバイパスして排気系統へ流れる。

ターボ・チャージャは,排気ガステータビン・ホイールが回されることにより同軸上のコンプレッサ・ホイールが回転し、圧縮空気をシリンダへ送る。







解説

選択肢(4)が適切です。


(1)インタ・クーラは、圧縮された空気を冷却して温度を下げ、空気密度を下げることで過給機本来の充てん効率の向上維持を補完する装置である。

        ↓

インタ・クーラは、圧縮された空気を冷却して温度を下げ、空気密度を上げることで過給機本来の充てん効率の向上維持を補完する装置である。

(2)ターボ・チャージャに用いられているフル・フローティング・ベアリングは、シャフトの周速と同じ速度で回転する。

        ↓

ターボ・チャージャに用いられているフル・フローティング・ベアリングは、ベアリングの周速がシャフトの周速の約半分である。

(3)ターボ・チャージャは、過給圧が高くなって規定値以上になると、ウエスト・ゲート・バルブが閉じて、排気ガスの一部がタービン・ホイールをバイパスして排気系統へ流れる。

       ↓

ターボ・チャージャは、過給圧が高くなって規定値以上になると、ウエスト・ゲート・バルブが開いて、排気ガスの一部がタービン・ホイールをバイパスして排気系統へ流れる。

(4)ターボ・チャージャは,排気ガステータビン・ホイールが回されることにより同軸上のコンプレッサ・ホイールが回転し、圧縮空気をシリンダへ送る。

(4)が適切です。

前の問題  次の問題



Ads by AdMax





おすすめ記事と広告







Today  Yesterday Total